受講のお申込みはこちら

日本RSP協会について

講師一覧

(平成29年7月28日現在)

土屋 克己 (Katsumi Tsuchiya)
東京都出身。昭和63年日大文理学部英文学科卒業後語学習得のため渡豪。帰国後不動産会社勤務を経て鰹Z通(現イーアールエージャパン)入社。平成12年同社賃貸専門店ブランド構築の際マニュアル作成とトレーニングを担当。平成13年ワンズ叶ン立時に役員として、実務マニュアル作成、大手不動産流通会社の営業研修、全国中小不動産会社の個別指導を担当。全日東京都本部実務研修講師東京都宅建協会法定研修会講師、各都道府県本支部研修講師等多数。平成16年2月日本RSP協会設立と同時に理事。平成23年12月鰍qIAコア・ブレインズ設立代表取締役就任。元明海大学不動産学部非常勤講師。平成29年3月日本RSP協会理事長就任。
谷中 健太郎 (Kentarou Yanaka)
大阪府出身。早稲田大学政治経済学部卒、三井不動産販売(現三井不動産リアルティ)で、同社流通部門創設に関わり、現場所長、流通機構の立上げ、CI浸透業務、教育訓練、FCシステム整備、全宅連との分野調整対応など不動産流通革命の最前線を体験。FC会社2社再建、九州支店長、広報室長、コンプライアンス室長、TQC、経営企画、ビジョン策定プロジェクト等を歴任。建設省(国交省)「不動産コンサルティング研究会委員」、(社)首都圏不動産公取協・調査指導委員、(社)日本PR協会理事等。平成20年6月日本RSP協会理事。ビジネス&人生のマネジメントと武道の統合理論を研究(合気道五段)元明海大学不動産学部非常勤講師。
森口 昌彦 (Masahiko Moriguchi)
大阪府出身。関西学院大学法学部卒。有楽土地株式会社入社。当時、新築販売が中心であった大手不動産会社で不動産流通業務の必要性を提言。同社住宅流通部住宅斡旋課長、昭和51年有楽土地住宅販売(現大成有楽不動産販売)の創立と同時に出向、船橋店長、流通営業部長を歴任。流通部門を70人から280人規模へ、この間多数の営業所長、営業部長を育成。平成7年常務取締役流通営業部門担当兼営業企画部長、平成10年常務取締役受託販売本部長で新築物件の受託販売部門の陣頭指揮に立ち数多くの現場を完売。信条「『当たり前』に挑戦する組織体を創る」。平成20年「これを読めばらくらく月2件!『売買仲介の極意』」を出版。平成20年6月日本RSP協会理事。元明海大学不動産学部非常勤講師。
佐竹 義男 (Yoshio Satake)
東京都出身。早稲田大学第一法学部卒。昭和55年より不動産業務全般に携わる。売買の実務として、仲介業務及び分譲業務、賃貸では事業用物件の管理業務を中心に居住用物件の管理・仲介までを経験する。平成5年より大手不動産フランチャイズチェーンA本部にて、FCセールス、スーパーバイジング、トレーニングインストラクターを歴任。フランチャイジーの経営及び営業支援を行いながら、同社の不動産仲介部門の責任者として売買仲介業務を手掛ける。平成18年ワンズ鰍ノ入社。研修事業部研修担当部長就任。売買、賃貸の実務トレーニングを担当、専門は法律関係全般。趣味は旅行、映画鑑賞、音楽鑑賞(クラッシック)水泳。平成22年8月日本RSP協会理事。
渡邉 貢 (Mitsugi Watanabe)
東京教育大学文学部(法律政治専攻)卒。昭和41年三菱信託銀行株式会社入社。約2年間の融資業務を除き、不動産仲介業務、分譲業務、鑑定業務、管理業務、開発業務、本部業務を経験。平成19年 年退職後三菱UFJ不動産販売褐、修顧問に(同25年退任)。平成19年クオレ不動産研究所を設立、同時に特別非営利活動法人首都圏定期借地借家推進機構常務理事に就任。平成25年株式会社ニコスコンサルティング顧問就任現在に至る。不動産鑑定士。平成26年6月日本RSP協会理事。
大澤 健司 (Kenji Osawa)
大阪府出身。平成8年住宅分譲会社に営業として入社。平成13年潟Tンヨーホーム入社。売買事業部課長、賃貸部部長を経て、平成19年同社専務取締役就任。平成22年同社子会社の潟sージージー代表取締役を兼任し賃貸保証業務を立ち上げる。平成25年不動産コンサルティング室の室長就任。平成27年同室を潟Tンヨー不動産コンサルティングとして独立させ専務取締役就任。平成28年不動産相続に特化した、株式会社K−コンサルティングを設立、代表取締役就任。不動産オーナー向けの相続セミナー、コンサルティング業務を多数行うとともに、不動産業者を対象とした「不動産、相続のセミナー・研修」の講師を全国各地で務める。
鈴木 宏行 (Hiroyuki Suzuki)
関東学院大学卒。流通業界に就業の後、営業職に転身。平成元年から15年間「三井ホーム株式会社」にて注文住宅営業に従事。顧客満足度調査NO.1営業マンの評価を得る。その後問題の多い住宅業界の真の姿を知るため、大手住宅メーカー、中小工務店に営業として従事。営業実績は「戸建住宅・賃貸・診療所・店舗・別荘・マンション」に至るまで約200棟。その半数が紹介受注。平成19年株式会社ウィン・セールスコンサルティングを設立し同時に代表取締役に就任。木造軸組・軽量鉄骨プレハブ・2×4等あらゆる工法に精通し、建築供給側全てに調査のために身を置いた稀なコンサルタントで、ハウスメーカーへの研修は勿論、大手売買流通会社での研修実績も多い。ファイナンシャルプランナー/認定エグゼグティブ・コーチ
佐々木 文安 (Fumiya Sasaki)
東北大学経済学部卒。昭和43年住友信託銀行入社。預金渉外、融資渉外、融資審査などの業務に従事、平成10年総務部副部長として金融危機対応に関与、平成12年新潟支店長として支店活性化に尽力(総合表彰受賞)、平成14年ホールセール企画部上級主席財務コンサルタントとして企業オーナーの事業承継相談に従事。平成16年住友信託銀行を退社し、経営コンサルタント業を開業。潟Gビス経営 代表取締役。中小企業診断士/1級ファイナンシャル・プランニング技能士/中小企業基盤整備機構・登録実務家/東京商工会議所・登録エキスパート/日本能率協会マネジメントセンター・パートナーコンサルタント。

(順不同)